外資系 人材紹介

Blog

人材紹介会社の誤解と事実

8ヶ月前 by
人材紹介会社の嘘と事実

​「当社のポジションを埋めるためにヘッドハンター/リクルーターを使うメリットは何でしょうか?」という質問を私たちは常に耳にします。

 

採用とは、単に「ポジションを埋める」ことではありません。すべての過程は、募集ポジションを埋めるために必要な職務内容、資格、経験、スキルなどを分析、記述する採用計画から始まります。

 

しかし、人材紹介会社にはいくつかの誤解があり、雇用主や求職者が人材紹介会社に依頼することを妨げています。ここではその誤解と真実をお伝えします。

 

1.求職者向け

2.雇用企業向け

 

求職者による誤解

誤解1:転職先を紹介してもらうのに費用が発生する

実際は、求職者が人材紹介会社にお金を払うことはなく、サービスは完全に無料です。人材紹介企業を通して実際に採用することになった場合のみこの支払いは、ソーシング、バックグラウンドチェック、インタビューなど費用として、採用企業によって行われます。

 

Cornerstone Recruitment Japanでは採用プロセス全体を通して候補者を徹底的にサポートし、すべてのプロセスで面接練習、業界の採用トレンドの説明など適切なサービスを提供します(費用は無料です)。

求人を見る(未公開求人も多数ございますのでお気軽にお問い合わせください)

 

誤解2:人材紹介企業は履歴書を転送しているだけ

雇用主や求職者は、人材紹介会社の役割は仲介役となり、履歴書を送ることだと考えているかもしれませんが、私たちはそれ以上のものを提供しています。Cornerstoneでは各業界のエキスパートチームが採用中のポジションの役割、必要な能力、経験を分析し、候補者を探し出し、面接をします。

私たちは、雇用主や求職者と密接に連携し、そのニーズを理解することで、雇用の前後や 入社時に適切なガイダンスを提供するとともに、発生しうる懸念や問題にも先回りして対応しています。

 

誤解3:履歴書にキーワードを詰め込むことが有力な候補者リストに載るための鍵

多くの方はエージェントは自動化されたキーワードマッチングシステムにのみ基づいて候補者を選別していると考えています。

しかし信頼のできるエージェントは履歴書のキーワードに加え 、スキル、経験、資格、文化的な適合性などの要素を考慮し、包括的なアプローチを採用しています。

候補者は、面接や評価を通じて総合的に評価されます。

 

誤解4:「積極的に転職活動をしている人」だけが考慮される

多くの求職者は、人材紹介会社は積極的に仕事を探している人だけを支援するものだと考えているようです。積極的な求職者と消極的な求職者は、それぞれ異なるカテゴリーに分類されます。アクティブな求職者にとっては、より良い仕事とキャリアの機会が得られることが最大の要因です一方、受動的な求職者は、仕事への情熱、スキルアップ、現在の仕事への満足度が高く、注目する求人があれば検討するようです。

Cornerstone Recruitment Japanでは、求職者が能動的であれ受動的であれ、適切な人材と適切な機会をマッチングさせることを最も重視しています。私たちは、潜在的な候補者に積極的に働きかけ、他の方法では出会えないような仕事へのアクセスを提供します。

 

採用中企業による誤解

誤解1:人材紹介企業は高い

企業はしばしば、人材紹介会社が高額であると不満を口にします。その理由は、雇用主が、候補者の調達、スクリーニング、面接のコスト、そして最も重要なことは、不良雇用や従業員の離職による隠れたコストという、もう一方の端からの視点を見ていないことです。

 

SHRMの調査によると、雇用の失敗による平均コストは従業員の年収の50%から150%に及びます。このコストには、採用や研修などの直接的な費用だけでなく、生産性の低下、士気の低下、顧客満足度への影響などの間接的な費用も含まれます。

 

採用プロセスを人材紹介サービスに委託すると、コストがかかりますが、それを上回るメリットがあります。

 

採用プロセスを専門家に任せることで、組織は貴重な時間と人員を節約することができます。さらに、人材紹介会社を通じて最高品質の候補者を集めることで、組織にとっては長期的なコスト削減につながる可能性があります。人材紹介会社の専門知識とサービスを考慮すれば、そのコストは正当化されるはずです。

 

誤解2:迅速にポジションを満たすことだけに重点を置いている

タイムリーな採用は、常に雇用者の人員を節約し、それはほとんどの企業の目標です。しかし、すべてのリクルーターが欠員を迅速に埋めることだけに集中する必要はありません。現代のリクルーターは、雇用者の意識レベルを理解し、急いで仕事をすることが両者にとって何のメリットもないことを知っています。また、採用した候補者が職務にそぐわなかったり、入社後3カ月以内に退職してしまったりすると、人材紹介会社のイメージも悪くなります。

 

人材紹介会社の利用のメリットは、幅広い人材層へのアクセス、専門家による候補者の評価、時間とリソースの節約、市場知識と洞察力、機密保持、交渉サポート、そして長期的なパートナーシップの可能性を得ることです。

 

誤解3:複数の求人サイトに掲載すれば適切な候補者を見つけることができる

求人サイトに掲載するだけでは未開拓の候補者を見つけることができません。リクルーターは、求人広告を掲載したり、インターネットを見たりするだけではありません。求人サイトだけでなく独自のネットワーキングやヘッドハンティングスキルを駆使して私たちは候補者を見つけています。

 

誤解4:人材紹介会社は同じ場所から候補者を発掘している

人材紹介会社が同じ人ルートを再利用し続け、新しい候補者を探すのに最小限の労力しかかけないというのも誤解のひとつです。ビジネスは進化しており、私たちの働き方も変化しています。雇用者と候補者の双方が、お互いに一定レベルの期待を持っています。弊社リクルーターは、クライアントの要求に応えるため、常に新しいツールに投資し、人材を発掘し、客観的・主観的な基準で候補者を評価します。

Cornerstone Recruitment Japanでは雇用主と密接に連携し、雇用主のニーズを理解し、正確な職務内容を作成することで、その職務に最も適した、高いスキルと才能を持つプロフェッショナルを探し出します。

 

誤解5:人材紹介会社は企業を理解していない

採用担当者がすべての企業をプロのように理解するのは簡単なことではありません。しかしプロの人材紹介会社は、文化や価値観、具体的な採用ニーズなど、クライアントの組織を理解するために時間を費やします。

人材紹介会社は、優秀なプロフェッショナルとのネットワーク作りに入れており、さまざまな業界に関連するイベントに参加したり、主催したりします。その結果、クライアントのニーズによりよく応えるために、あらゆる業界の複雑さを学ぶようになるのです。また弊社では業界一ともいえるリクルーターのトレーニングに励んでおり、それぞれの業界のエキスパートであるマネージャーやダイレクターから業界の説明に加え、企業の理解やリサーチの仕方についてトレーニングを受けます。

 

適切な人材紹介会社との連携で課題を解消する

これで誤解は解けたかと思いますが、人材紹介会社を活用するかどうかまだ迷われていますでしょうか。

 

人材紹介会社と提携することにはいくつかのメリットがあり、効果的な採用戦略を練り、組織にとって最適な候補者を見つけることができます。重要なのは貴社のビジネスニーズに合った適切なエージェントを見つけることです。

 Cornerstone Recruitment Japanでは、経験豊富なコンサルタントが、クライアントと求職者の最適なマッチングをサポートすることに専念しております。複数のプランを用意しておりますので、まずは一度ご相談ください