Sub Banner Default Image

Blog

転職エージェントの上手な活用の仕方

5ヶ月前 by Lincoln T.
Blog Thumbnail (Sep Nov23')

​自身で探すにしろ、人材紹介会社を活用するにしろ、新しい仕事を探すことはストレスが伴います。この過程を少しでも楽にするためのヒントをここではいくつか紹介いたします。

 

1.  まずほとんどの人材紹介会社は無料でサービスを提供しています

人材紹介会社は採用が成立した際に、クライアント企業(採用企業)から人材紹介料を受け取ります。キャリアアドバイス費用がかかるエージェントがあれば注意しましょう。

実際に弊社や他の人材紹介会社を装って請求をする詐欺が発生しております。

 

2.自分を優先してくれる人材紹介会社を優先する

メールやウェブサイトの問い合わせフォームから連絡をした場合、返信までにどのくらいかかるか、どのような返信がくるかを覚えておきましょう。

直接会ったり、ビデオ通話上で会話したいときに応じてくれる会社でしょうか。全く希望や経験と関係のないポジションの紹介をしてきたり、返信に時間がかかりすぎる会社は避けましょう。

 

3.退職のタイミングを考える

転職エージェントは通常、積極的にサポートします。つまり、マッチするポジションがあればすぐに企業に紹介し、面接をアレンジしたいと考えています。

理想的には2~4週間後に転職できるようにサポートします。とはいえ、転職活動が常にスムーズにいくとは限らず、自分に合う仕事を見つけるまでに、何カ月もかかることもあります。

希望の時期やオファーを受けた後の通知時期について、必ずエージェントに伝えてください。エージェントはあなたに合ったタイミングで魅力的な仕事を紹介できるよう最善を尽くします。

 

4.応募歴を記録し、情報の更新を求める

特に大手の転職エージェントの中には、応募や面接が終わるたびに最新情報を知らせてくれないところもあります。複数のエージェントを利用している場合、どこに応募したのか覚えておくのが更に難しくなります。

エージェントに定期的に連絡し、最新情報やフィードバックをもらうようにしましょう。あるエージェントが常に更新に苦労しているようなら、より反応の良い別のエージェントに焦点を移すことを検討してください。

5.エージェントと誠実に接する

仕事/会社について質問や懸念がある場合は、エージェントに伝えましょう。他の応募プロセスが進行中であれば、エージェントにその旨を伝えましょう。エージェントは、あなたが紹介された仕事を全力でサポートします。エージェントと情報を共有することで、より良い面接日程やオファー(タイトル、給与、入社日など)の交渉に役立ちます。

同時に、誇大な数字や虚偽のプロセスでエージェントに誤解を与えないようにしましょう。エージェントがあなたの虚偽を知った場合、面接プロセス全体がリスクにさらされる可能性があります。

 

6.良いエージェントは長期的な関係を築けます

たとえあなたが他の方法で仕事を選んだとしても、エージェントには敬意と注意を払って接しましょう。将来また仕事を探すことになるかもしれませんし、その時にそのエージェントがあなたを助けてくれるかもしれません。できる限りチャンスを逃さないようにしましょう!

Cornerstone Recruitment Japanについて

コーナーストーン・リクルートメント・ジャパンは、2019年に設立され日本で最も急成長しているバイリンガルの人材紹介会社です。

英語力を活かした外資系・日系グローバル企業での転職をお考えでしたら、ぜひ履歴書をご登録ください。ご経験の業界業種に最も精通したリクルーターが連絡を差し上げます。